FC2ブログ
4/28の株式市況
 4/28の株式市況は、米国株が上昇したにも関わらず本日は円相場の上昇、中国人民元の利上げなど から中国景気に対する懸念から東京市場は売りが先行し、輸出関連銘柄から 内需関連銘柄まで幅広い銘柄が売られ日経平均株価は一時364円ほど下落する場面もあったが、後場から引けにかけては下げ渋ったものの戻りは鈍く日経平均株価は208円安の 1万6906円の大幅反落。

寄り付き前の外国証券注文動向は230万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で17億3869万株、売買代金は2兆6157億円。

個別銘柄では、本日新規上場した翻訳センターが公開価格35万円に対し809.000円まで上値を切り上げたものの売買は成立せず。

業績の上方修正を好感し重松製がストップ高、野村総研、キャノン、日機装、KDDIが大幅上昇。

好業績発表にもかかわらず目先材料出尽くし感から住友チタニウムが利益確定 売りの押され安くなっている。
スポンサーサイト



2006/04/28(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/27の株式市況
 米国株の上昇を好感し日経平均株価は120円高まで上昇する場面もあったが、 大型連休や日米主要企業の業績を見極めたいとの思惑から上値を追う展開とは いたらず揉み合い状態となり引けは58円高の1万7114円と3日連続の上昇となって取引を終えた。

 寄り付き前の外国証券注文動向は370万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で16億4881万株、売買代金は2兆4532億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したアドテックが公開価格1700円に対し2190円の初値で引けは2100円、システムデーは公開価格1450円に対し2900円の初値、引けは2500円 のストップ安。

 また、日産、ホンダ、ダイハツといった自動車、スタンレ電、リコー、エプソンといったハイテクの一角、大和、日興C、三菱UF証といった証券株、菱地所、住友不東建物といった不動産の一角が物色されている。

 また、業績の上方修正と増配を好感し日機装がストップ高。

2006/04/27(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/26の株式市況
 寄り付きの東京市場は米国株安を受け日経平均株価1万7000円を割り込む場面もあったが、その後は積極的な売りがみられなかったことからハイテク、 鉄鋼株中心に買い戻されその後も堅調な値動きとなり引けは85円高の1万7055円と上昇し取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は890万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で16億799万株、売買代金は2兆4902億円となっいる。

 個別銘柄では、ニコン、新神戸、エプソン、NEOMAXといったハイテク、東邦テナック、東レ、三菱レといった繊維、日農薬、関電化、JSRといった化学、住友チタニ、邦チタニウム、アサヒプリテクといった非鉄の一角が物色され急伸。
 アルコニックス、クオール、イメージINFといった直近上場銘柄が引き続き 値動きのよさを好感し物色されている。

2006/04/26(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/24の株式市況
 原油価格の先高感や為替の急激な円高進行から寄り付きの東京市場は売り優勢の展開で始まり、その後の日経平均株価は下値支持線とみられていた1万7086円をあっさり下回ったことから引けにかけては一段安となり、489円安の1万6914円と今年最大の急落で取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1380万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で18億2396万株、売買代金は2兆8656億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したアルコニクスが公開価格2900円に対し4000円の初値、引けは4500円と好発進。
 また、上場2日目のクオールとイメージ情報が短期資金を巻き込んでのストップ高となっている。

 また、2006年3月期の業績予想を上方修正した東邦薬品が急騰。
 アサヒが7900円でTOBをし子会社化すると発表した和光堂がストップ高。

2006/04/24(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/21の株式市況
 寄り付きの東京市場は利益確定売りから小幅続落となったが、主力優良銘柄 を中心に押し目買いが優勢となり、日経平均株価はジリ高、一時162円高まで 上昇する場面もあったが、来週本格化するハイテク企業の3月期決算の内容 を見極めたいとする動向や週末要因も重なって伸び悩み、引けは86円高の 1万7403円と上昇し取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は810万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で17億5541万株、売買代金は2兆9212億円。

個別銘柄では、本日新規上場したクオールが公開価格42万円に対し80万円の初値、その後ストップ高で上昇し引けはストップ安とジェットコースター並みの値動きとなった。システムロケ-ションは公開価格6000円に対し13200円の初値、引けは7850円、ネプロジャパンは公開価格40万円に対し120万円の初値、引けは110万円まで気配値を切り下げている。イメージ情報開発は公開価格48万円に対し102万円まで上値を切り上げているが、売買は成立せず。

 また、ソニー、キャノン、ホンダ、トヨタ、松下、京セラ、村田、NTT、JTといった国際優良株が好決算発表を期待し大幅上昇。

2006/04/21(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/20の株式市況
 米国株の上昇を受け続伸で始まった東京市場でしたが、国内主要企業の決算発表の本格化を前に様子見気分が強く上値を追う展開とはいたらず、日経平均株価は昨日の終わり値を挟んでの値動きとなり、引けは32円安の1万7317円の小幅安。

 寄り付き前の外国証券注文動向は280万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で16億5011万株、売買代金は2兆5168億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したタウンNが公開価格900円に対し2340円の初値、
 引けは1570円と利益確定売りに押されておりますが好発進となっております。 また、2007年3月期の連結好業績見通しを好感しセイコーが大幅上昇。
 キャビン、Jメンテ、ハリマ化、日農薬が急伸し高値追いの状況。

2006/04/20(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/19の株式市況
 米国株の大幅上昇を好感し寄り付きの東京市場は昨日に続き上昇して始まり 日経平均株価は一時226円高まで上昇。

 しかし、米国企業の1-3月期決算発表を控え上値を追う展開とはいたらず引けは 117円高の1万7350円と上昇し取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は940万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で16億9283万株、売買代金は2兆6341億円。

 個別銘柄では、三井物、住友商、三菱商といった商社、プレナス、ポイント、 キャンドゥといった小売、京セラ、TDK、パイオニアといったハイテク、 第一三共、エーザイ、武田といった医薬品株が上昇。
 ハリマ化、Jメンテ、アルプス技、ハルテックといった銘柄が物色され引きき急伸。

2006/04/19(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/18の株式市況
 米国株の下落を嫌気し寄り付きの東京市場は売り先行の展開で始まり日経平均株価は1万7000円を割り込む場面もあったが、売り一巡後は底固く推移し、25日移動平均線を割りこまなかったことから幅広い銘柄に押し目買いが入り、日経平均株価は232円高の1万7232円と高値引け。

 寄り付き前の外国証券注文動向は67万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で15億9236万株、売買代金は2兆3871億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したゴ-ドパックが公開価格4700円に対し5600円の初値で引けは6030円、同様にケイテイテイが公開価格600円に対し1000円の初値、引けは1090円と好発進。

 また、新日鉄、住金、神戸鋼といった鉄鋼、三菱UFJ、りそなHD、みずほと
 いった銀行、大和証、日興、野村HDなどの証券、菱地所、住友不、ジョイントなどの不動産、このところ売られていたアイフル、三洋信販、UFJニコスといった その他金融が揃って反発し上昇。
2006/04/18(Tue) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/17の株式市況
 海外の市場が休場ということもあり寄り付きの東京市場は利益確定売りが
 優勢となり前場147円安まで下落する場面もあり、その後は持ち直す場面もあったが上値の重さが嫌気され引けにかけては次第に値を下げた。
 日経平均株価は233円安の1万7000円とかろうじて1万7000円を維持したものの、大幅下落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は102万株の売り越しとなっております。
 東証1部の出来高は概算で14億3339万株、売買代金は2兆2億円と商いが細ってきている。

 個別銘柄では、業務停止命令が出たアイフル始めオリックス、SFCGといったその他金融株が引き続き下げているが、大和証G、野村HD、日興CGといった証券、三菱UFJ、三井住友、みずほなどの銀行、東芝、三菱電、富士通 といったハイテク株、菱地所、住友不、東建物などの不動産株が軒並み急落。

2006/04/17(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/14の株式市況
 日経平均株価は上昇して始まったが、戻り待ちの売りから下げに転じ、50円安まで下落、下値では主力株への押し目買いから引けにかけては除々に持ち直し日経平均株価は34円高の1万7233円と上昇し取引を終え
た。

 寄り付き前の外国証券注文動向は130万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で14億6510万株、売買代金は2兆1691億円。

 個別銘柄では、強引な取り立てが相次いだことを理由に、国内約1700のすべての営業店舗を対象に3―25日間の業務停止命令を出す方針を固めたとの報道を受け、アイフルが朝方から売りが殺到しストップ安。この影響を受け、プロミス、武富士やアコムといった消費者金融株が軒並み急落。
 また、ワンセグ関連銘柄としてメガチップスが急騰。

2006/04/14(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/11の株式市況
米国株高を好感し寄り付きの東京市場は小幅高で始まったが、先物主導による仕掛け的な売りから下げ幅を拡げ、日経平均株価は一時161円安まで下落する 場面もあった。

買戻しも入り小幅高まで上昇する場面もあったが、上値を追う展開とはいたらず昨日の終わり値を挟んでの値動きとなった。
 日経平均株価の引けは38円安の1万7418円と小幅続落で取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は190万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で18億8014万株、売買代金は2兆4958億円。

 個別銘柄では、雑貨屋BLが株式分割と業績の上方修正を好感し急伸。
また、ライブドアが子会社化すると発表したセシールが急反発。

 また、昨日に続き国際帝石、石油資源、新日鉱HD、AOCHDといった資源株が大幅高。

2006/04/11(Tue) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/10の株式市況
寄り付きの東京市場は先週末の米国株安を嫌気し売り利益確定売りが先行し、 日経平均株価は一時178円安まで下落する場面もあったが、引けにかけては
 やや下げ渋り106円安の1万7456円と反落し取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は450万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で18億1240万株、売買代金は2兆3773億円。

 個別銘柄では、業績の大幅上方修正を好感しDEXがストップ高。

ラクーンが公開価格80万円に対し336万の初値、その後ストップ高まで急騰した後売られストップ安となるなど激しい値動き。

直近上場のジェイテック、エコミック、アスキー、ハブが揃って利益確定売りから急落。

 また、国際帝石、ガス開、石油資源といった資源株が堅調な値動き。
2006/04/10(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/7の株式市況

東京市場は利益確定売りで日経平均株価は一時70円安まで下落する場面が
 あっがた、売り一巡後は鉄鋼、ハイテク株中心に押し目買いが優勢となり
 引けは74円高の1万7563円と上昇。

 寄り付き前の外国証券注文動向は930万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で18億9379万株、売買代金は2兆6680億円。

 個別銘柄では、直近上場銘柄では、ハブ、ジェイテックがストップ高、 アスキーソリュウションが公開価格35万円に対し188万円の初値、ゴルフドウが
 公開価格17万円に対し407.000円の初値、引けは412.000円。

 また、日立、東芝、三菱電といったハイテク、新日鉄、住 金、神戸鋼などの鉄鋼、三井金、東邦鉛、住友鉱といった非鉄株が堅調な値動き。

2006/04/07(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/6の株式市況
米国ナスダック指数が5年2ヶ月ぶりに高水準まで上昇したことを受け、寄り付きの東京市場は内需関連銘柄からハイテク銘柄まで幅広く買われ、日経平均株価はジリ高となり、引けは245円高の1万7489円と急伸、この日の高値で取引を終えて おります。

寄り付き前の外国証券注文動向は1550万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で17億6952万株、売買代金は2兆8373億円。

個別銘柄では、本日新規上場したアスキーが公開価格35万円に対し809.000円まで上値を切り上げたものの売買は成立せず。

同様に、ラクーンは公開価格80万円に対し160万円まで上値を切り上げものの売買は成立せず。

ゴルフドウは公開価格17万円に対し35万円まで上値を切り上げてるも、売買は 成立せず。

また、トヨタ、ホンダ、日産、ススキ、マツダといった自動車株が買われ大幅上昇。

2006/04/06(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/5の株式市況
日経平均株価は一時171円高まで上昇し一時年初来高値1万7410円を更新する
 場面もあったが、後場中頃から高値警戒感や為替が円高に振れてきたことが懸念されて除々に下げ足を早め、引けは48円安の1万7243円と続落して取引を終えている。

 寄り付き前の外国証券注文動向は790万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で21億4246万株、売買代金は3兆2548億円。

 個別銘柄では、ハブが本日も人気を集めストップ高。
 また、上場2日目のジェイテック、エコミックが本日も買い気配値を切り上げたまま取引を終了。

 増配と株式分割の材料を好感し東京個別が一時ストップ高をつけた。
 キヤノン、松下、トヨタやホンダといった国際優良株が堅調な値動きとなっている。
2006/04/05(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4/3の株式市況
新年度入りに伴う需給の改善期待やデフレ脱却への期待感を背景に、東京市場は内需関連銘柄、ハイテク株中心に全面高の展開となり、日経平均株価は一時327円高まで上昇。

引けも273円高の1万733円と2000年7月12日以来の高値水準で取引を終了。

寄り付き前の外国証券注文動向は1460万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で21億4348万株、売買代金は3兆789億円。


個別銘柄では、本日新規上場したハブが公開価格14万円に対329.000円まで上値を 切り上げたものの、売買は成立せず。
また、ウッドランドが子会社システムディの上場承認を買い手掛かりに、本日もストップ高。
 日立、東芝、富士通、NECといったハイテク株、三菱UFJ、三井トラスト、札幌北洋、みずほなどの銀行株、三住海、損保JPN、ミレアHD日本興亜といった損保株、ユニオンツール、オークマHD、小森、ダイコク電などの機械株、ステラケミファ、日触媒、三菱ガス、ゼオンといった化学が軒並み急伸している。

2006/04/03(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る