FC2ブログ
5/31の株式市況
5/31の株式市況
 米国株式相場が景気の減速懸念やインフレ懸念でダウ、ナスダックとも急落したことを受け寄り付きの東京市場も売り優勢の展開で始まり、日経平均株価は373円安まで下落。その後下げ渋る場面もあったが、上値の重さが嫌気され、さらに引けにかけては先物主導で下げ幅を拡大し、392円安の1万5467円と今年5番目の下げ幅となった。

 寄り付き前の外国証券注文動向は360万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で19億4610万株、売買代金は2兆6019億円。

 個別銘柄では、昨日新規上場した健康コーポレーションが本日194.000円の初値をつけた後、利益確定売りからストップ安。

 また、本日新規上場したSBIフューチャーズは公開価格17万円に対し386.000円まで上値を切り上げ、売買は成立せず。

 ゴールドマンが目標株価引き上げたスルガ銀やS・サイエンスサクラダといった低位株が逆行高。
スポンサーサイト



2006/05/31(Wed) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/30の株式市況
5/30の株式市況
 米国市場が休場ということで買い手掛かり材料難の中、様子見ムードも強く、寄り付きの東京市場は売り先行で展開で始まり、日経平均株価は一時100円安まで下落、その後は買い戻しも入り、一旦プラスに転じたが、買いが続かず、引けは56円安の1万5859円と続落して取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は690万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で14億1552万株、売買代金は1兆7964億円。

 個別銘柄では、本日新規上場した健康コーポレーションが公開価格56.000円に対し113.000円まで上値を切り上げ、売買は成立せず。
 また、ホンダ、スズキといった自動車株の一角、日興C、野村H、岡 三など証券株の一角が物色され上昇。
 ネプロ、クオール、翻訳センター、アスキーソリュ、ラクーン、アルコニックスなどの急落していた直近上場銘柄が急伸。
2006/05/30(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/29の株式市況
5/29の株式市況
 先週末の米国株高を好感し、寄り付きの東京市場は買い先行の展開で始まり、日経平均株価は一時140円高の1万6111円と1週間ぶりに1万6000円台を回復する場面もあったが、その後は29日が米国市場が休場ということもあって積極的に上値を追う展開にはいたらず、戻り待ちの売りに押されて次第に値を下げる銘柄が目立ち、引けにかけては一段安となり、55円安の1万5915円と1万6000円を割り込んで取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1500万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で15億5079万株、売買代金は1兆9843億円。

 個別銘柄では、三菱UFJ、りそなH、山合銀、沖縄銀といった銀行株の一角が物色され、新日鉄、住金、神戸鋼などの鉄鋼株、NEC、日立、東芝といったハイテク株も引けにかけ上げ幅を縮めたものの上昇。
 また、NOVA、MTジェネック、アイケイといった銘柄が短期資金を巻き込んでストップ高。
2006/05/29(Mon) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/26の株式市況
5/26の株式市況
 NYダウ、ナスダックの急反発を好感し、寄り付きの東京市場は自律反発狙いの買いも集め買い先行の展開で始まった。

 週末ということもあり伸び悩む場面もあったが、引けにかけては一段高となり、物色業種も内需から輸出関連銘柄まで幅広い銘柄が賑わい、引けは277円高の1万5970円と大幅上昇して取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は2040万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で16億4656万株、売買代金は2兆3563億円。

 個別銘柄では、下落の急先鋒となっていた三菱UFJ、りそなHD、三井トラスト、みずほといった大手から地銀株まで揃って急反発。

また、新日鉄、住金、神戸鋼などの鉄鋼、日立、東芝、三菱電といったハイテク、大和証、日興、丸三証などの証券、損保JPN、三住海上、などの損保株が軒並み急上昇。
2006/05/26(Fri) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5月25日の株式市況
5月25日の株式市況
 寄り付き前の外国証券経由が再度大幅な売り越しとなったことや、新たな買い材料難から東京市場は売り先行の展開で始まり、時間の経過とともに下げ幅を拡大、引けは213円安の1万5693円とこの日の安値圏で取引を終えた。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1130万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で16億9001万株、売買代金は2兆4578億円。

 個別銘柄では、昨日急伸した東邦鉛、住友鉱、同和鉱や、京セラ、TDK、東エレク、ファナックなど値がさハイテク株が揃って売られた。

 また、ゴールドクレ、URBAN、レオパレス21、LDオート、東セロ、MTジェネックアズジェント、日本ラッドが急伸。
 ソフトバンク、ヤフーも物色され上昇。
2006/05/25(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/24の株式市況
5/24の株式市況
 朝方の外国証券経由の売買注文動向が買い越しだったことや5月8日の直近高値から前日までに1700円近く下落しており、自律反発狙いが入り易い水準だったこともあって買い先行で始まり、引けにかけては一段高となり日経平均株価は308円高の1万5907円と大幅反発。

 寄り付き前の外国証券注文動向は2080万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で20億3580万株、売買代金は2兆8547億円。

 個別銘柄では、内需から輸出関連銘柄まで幅広く物色され、NY市場で原油や金価格など商品相場が大幅に上昇したことを受けて、帝石、AOCHD、新日鉱といった資源、友金属鉱山、同和鉱、東邦鉛などの非鉄、トヨタ、ホンダ、スズキといった自動車、新日鉄、住金、神戸鋼となどの鉄鋼、大和、日興、野村などの証券、損保J、T&DH、ミレアHDといいった損保、ソニー、京セラ、村田製などハイテク株がそれぞれ急上昇。
2006/05/24(Wed) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/23の株式市況
5/23の株式市況
 米国株の下落や世界的な株安傾向の下落、寄り付き前の外国証券経由の売買注文が大幅な売り越しだったことから、寄り付きの東京市場は売り先行の展開で始まり、前場中頃には275円安まで下落。その後先物への買い戻しで下げ渋る場面もあったが、上値も重くまた下値不安も強く、引けにかけて下げ幅を拡大し、日経平均株価は258円安の1万5599円と大幅反落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は3610万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で20億6111万株、売買代金は2兆9034億円。

 個別銘柄では、フュトレックがNTTドコモと資本・業務提携すると発表したことを好感し、ストップ高。

 また、デフェンシブ銘柄としてキッセイ薬、持田薬、エーザイ、第一三共などの医薬品が物色され逆行高。
 すみや、ニッポ電機、エスイー、報国鉄、出版貿といった低位、直近上場銘柄、MM銘柄も物色され急伸。
2006/05/23(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/22の株式市況
5/22の株式市況
米国株の反発や円相場の落ち着きを好感し買い先行の展開で始まり、ハイテク、鉄鋼、証券株の上昇で、日経平均株価は一時113円高の1万6268円まで上昇したが、買い一巡後は上値の重さから次第に下げ幅を拡げ、引けは297円安の1万5857円と1万6000円を割り込んで取引を終了。

寄り付き前の外国証券注文動向は40万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で19億646万株、売買代金は2兆6138億円。

個別銘柄では、タカラバイオの急騰が止まらず本日もストップ高。

また、今期増益見通しを好感し日水が急伸、大幅な増益見通しを材料に大東紡織が急騰。

材料出尽くし感からクオールがストップ安。
2006/05/22(Mon) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/19の株式市況
5/19の株式市況
 米国株安を受け東京市場は売り先行の展開で始まり、日経平均株価が1万6000円を割り込む場面もあったが、積極的な売りはみられず、株価指数先物に仕掛け的な買いが入ったこともあり、次第に買い優勢となり、日経平均株価はジリ高となって、引けは68円高の1万6155円と上昇し取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は510万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で19億500万株、売買代金は2兆7653億円。

 個別銘柄では、内需関連銘柄からハイテク株まで幅広い銘柄に押し目買いが入り、反発。

 日曹達、関電化、日産化といった化学、みらかHD、大日住薬、第一三共といった医薬、洋鋼鈑、日立金、東京鉄などの鉄鋼、THK、SANKYO、月島機といった機械、田村大興、ユニデン、エプソンといったハイテク、GMO、ITFOR、フェイスなどの通信、いちよし、極東証券、丸三証といった証券、日新火、ニッセイ同和、富士火といった損保株が急反発。
2006/05/19(Fri) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/18の株式市況
5/18の株式市況
 インフレ懸念から米国株が今年最大の下げ幅となったことを嫌気し、寄り付きの東京市場は全面安の展開。日経平均株価は一時393円安となり1万6000円を割り込んだが、引けにかけては下げ渋り、220円安の1万6087円で取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1400万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で20億2488万株、売買代金は3兆953億円。

 個別銘柄では、決算発表の延期から株価が急落していたレオパレ、URBAN、ゴールドクレ、ジョイントといった不動産株の一角が逆行高。

 また、KDDI、NTTドコモ、トレント、テクモ゛、C4Tといった通信株が堅調。

ダルトン、ジョイス、細田工、田中亜鉛といったMM銘柄が値を飛ばしている。
2006/05/18(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/17の株式市況
5/17の株式市況
 寄り付きの東京市場は自律反発の買いで上昇たが、買い一巡後は伸び悩み下落する場面もあり、日経平均株価は昨日の終り値を挟んでの値動きとなった。

 しかし、日経平均株価が1万6000円を割り込まなかったことから買い安心感が広がり、空売りの買戻しも入って幅広い銘柄が物色され、日経平均株価はジリ高となって、引けは149円高の1万6307円と大幅反発して取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1520万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で23億25万株、売買代金は3兆1165億円。

 個別銘柄では、新日鉄、住金、神戸鋼といった鉄鋼、三井金、東邦鉛、住友鉱などの非鉄、三菱電、安川電、TDKなどのハイテク、ニコン、トプコン、HOYAといった精密株が反発。

 また、エイズウイルスを死滅させる実験に成功したと発表タカラバイオが連日のストップ高。
2006/05/17(Wed) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/16の株式市況
5/16の株式市況
 原油価格の下落や為替の円高一服感から輸出関連銘柄中心に買いが先行し、日経平均株価も上昇する場面もあったが、買い一巡後は上値の重さを嫌気して伸び悩む銘柄が増え、引けにかけては一段安となり328円安の1万6158円の大幅下落となって取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1020万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で20億6332万株、売買代金は2兆9933億円。

 個別銘柄では、「エイズウイルス(HIV)に感染した細胞と細胞中のウイルスを死滅させる実験に成功した」と15日に発表したタカラバイオがストップ高、親会社でもある宝HLDが業績の増益見通しと子会社の株高支援もあり急伸。

 また、アークがTOBで取得し子会社すると発表したグラフィックがストップ高。
2006/05/16(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/15の株式市況
5/15の株式市況
 米国株の大幅下落を受け寄り付きの東京市場は売り優勢の展開で始まり、日経平均株価は284円安まで一時急落し、売り一巡後は自律反発期待からの押し目買いも入って日経平均株価は下げ渋り、引けは114円安の1万6486円とこの日の高値で取引終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1470万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で18億2492万株、売買代金は2兆8301億円。

 個別銘柄では、ロックフィール、グリコ、日清食、アサヒ飲料といった食品、第一三共、久光薬、沢井製薬、武田などの医薬、東電、中国電、北陸電、北海電といった電力株が上昇。

 また、モンテカルロ、出版貿、ソレキアといったMM銘柄に目先値幅とりに短期資金が集中して入り急騰している。
2006/05/15(Mon) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/12の株式市況
5/12の株式市況
 米国株安、為替が1ドル109円台に円高が進んだことを嫌気し、東京市場は大幅な売り先行の展開で始まり日経平均株価は一時439円安まで急落。

 引けにかかては買い戻しも入り、下げ幅を縮めたものの、日経平均株価は260円安の1万6601円で取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1820万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で19億8669万株、売買代金は3兆378億円。

 個別銘柄では、キリンビールがTOBで完全子会社化を発表したキリンビバレッジと本体のキリンが急騰。
 また、キャノンが株式分割と増配を好感し上昇。
 レオパレス21、ジョイント、東急リバブルといった不動産の一角、クオールラクーン、アルコニックなどの直近上場銘柄が物色され急伸。
2006/05/12(Fri) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/11の株式市況
5/11の株式市況
 為替の円高の流れが一服したのを好感し、寄り付きの東京市場は買い先行の展開で始まり、日経平均株価は135円高まで上昇する場面も。

 しかし、円高進行に対する警戒感もあり、上値を追う展開とはいたらず、日経平均株価はジリ安となり、引けは89円安の1万6862円と続落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は380万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で17億4698万株、売買代金は2兆6441億円。

 個別銘柄では、増配と株式の2分割を発表した一高たかはしがストップ高、ソフトブレンの連結子会社との資本・業務提携を発表したことを材料にぱどがストップ高比例配分、今期の大幅な経常利益増を発表したイビデンが大幅上昇。

 アルプス電気が今期の大幅減益見通しを嫌気しストップ安。

 千葉銀、横浜銀、常陽銀といった地銀株の一角が物色されている。
2006/05/11(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/10の株式市況
 5/10の株式市況
 日経平均株価か小幅安で始まった後、62円高まで上昇する場面もあったが、急激な円高進行に対する警戒感や米国FOMCを前に様子見姿勢も強く、後場からは先物主導で下げ幅を拡げる展開となり、日経平均株価は238円安の1万6951円と1万7000円を割り込んでの大幅反落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は630万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で20億7147万株、売買代金は2兆8311億円。

 個別銘柄では、太平海、若築建、学研、メルクス、中外鉱、ユニオンHD、 バーテックス、ヤマックス、旭ホームス、IBダイワ゛といった中低位銘柄が物色され急伸。

 また、ゴールドマン・サックス証券が投資判断を引き上げた朝日インテクがストップ高。

 菱和ライフへの売りが止まらず、本日もストップ安売り気配。

 帝人、三菱レ、旭化成といった繊維の一角が物色され逆行高となっている。
2006/05/10(Wed) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/9の株式市況
5/9の株式市況
 日経平均株価は昨日の急騰の反動や為替の円高進行に対する警戒感もあり、昨日の終値を挟んでの値動き。後場から引けにかけては10日の
 米FOMCを前に手控えムードが広がり、ハイテク、内需関連銘柄が総じて売られ、日経平均株価は100円安の1万7190円と大幅反落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は710万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で19億5148万株、売買代金は2兆6106億円。

 個別銘柄では、セイコーが2007年3月期の連結経常利益見通しが増益だったことを材料にストップ高比例配分。
 また、ドンキホーテが1:3の株式分割と増配発表を好感し、大幅上昇。
 菱和ライフが昨日に続きストップ安比例配分となっており、本日で2日連続ストップ安。
2006/05/09(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/8の株式市況
 5/8の株式市況は、先週末の米国株高を好感し、寄り付きの東京市場は買い優勢の展開で始まり、日経平均株価はほぼ全面高の展開。

 為替の円高進行にもかかわらずハイテク、輸出関連銘柄を始めとして鉄鋼、証券、銀行、不動産、通信といった内需関連銘柄まで幅広い銘柄が物色され日経平均株価は137円高の1万7291円と大幅上昇して取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は880万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で18億9113万株、売買代金は2兆9916億円。

 個別銘柄では、三菱UFJ、三井住友、みずほといった銀行、大和証、日興、野村HDなどの証券、三井不、菱地所、藤和不など不動産、NTT、KDDI、光通信といった通信が大幅上昇。

 また、業績予想の上方修正を材料に東邦システムがストップ高、住生活Gが急伸。

 磁的公正証書原本不実記録と同供用の疑いで社長が逮捕された菱和ライフがストップ安比例配分。
2006/05/08(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/4の株式市況
 5/4の株式市況は、寄り付きの東京市場は小幅安の後買い戻され、一時76円高まで上昇する場面もあったが、高値警戒感から上値は押さえられ、引けにかけて利益確定売りから日経平均株価は40円安の1万7292円と小幅反落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1560万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で20億2275万株、売買代金は2兆8686億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したエコミックが公開価格12万円に対し24万まで上値を切り上げたものの売買は成立せず。

 同様にジェイテックは公開価格11万円に対し245.000円まで上昇し、売買は未成立。

 また、ライブドアが上場廃止を14日に控え個人の手仕舞い売りから100円を割った。
 
2006/05/04(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/2の株式市況
 5/2の株式市況は、米国株安と寄付き前の外国証券経由の注文動向が2日連続で売り越しだったことから東京市場は下落する場面もあったが、国為替市場で円高・ドル安が一服したことが好感されハイテク株中心に押し目買いが入り、銀行、自動車、市況関連銘柄が物色され日経平均株価は228円高の1万7153円と大幅上昇。

 寄り付き前の外国証券注文動向は560万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で14億4308万株、売買代金は2兆557億円。

 個別銘柄では、本日新規上場した平河ヒューテックが公開価格1500円に対し2430円の初値、引けは2030円のストップ安。
 また、トヨタ、ホンダ、スズキといった自動車、村田製、キャノン、シコー技研といったハイテク、野村H、大和、日興といった証券株も上昇。
 また、業績の上方修正を好感し東都水が急伸。
2006/05/02(Tue) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
5/1の株式市況
5/1の株式市況は、大型連休の谷間とあって日経平均株価は先週末の終わり値を挟んでの値動きとなった。
物色されている銘柄も、好業績銘柄、国際優良銘柄の一部、値動きの軽い銘柄となっており短期値幅とりとして直近上場銘柄も物色された。
日経平均株価は19円高の1万6925円と小幅上昇。

寄り付き前の外国証券注文動向は480万株の売り越し。
東証1部の出来高は概算で13億1928万株、売買代金は1兆9224億円。

 個別銘柄では、先週末新規上場した翻訳センターが公開価格35万円に対し103万円の初値、その後ストップ高まで急伸する場面もあったが引けは121万円と好発進スタートとなっている。
 また、円高進行を受けハイテク株は総じて冴えない展開のなか東芝、三菱電、TDKが好決算を材料に上昇。
 また、重松製作所が業績予想の上昇修正を好感し本日もストップ高比例配分。
2006/05/01(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る