FC2ブログ
8/1の株式市況
8/1の株式市況

 昨日まで3日連続続伸となっていた東京市場は米国株の小幅反落を受け、売りが先行した日経平均株価だが、売り一巡後は好業績銘柄を中心に押し目買いも入り、引けにかけては下げ幅を縮めて、15円安の1万5440円と小幅安となって取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は630万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で14億9160万株、売買代金は2兆959億円。

 個別銘柄では、東建物、サンケイビル、レオパレス21、東急リバ、エリアリンクといった不動産、OMCカード、アコム、クレディア、ダイヤリースなどその他金融、東邦鉛、三菱マ、住友鉱、邦チタニウムといった非鉄、ルック、サンエー・インタ、グンゼ、ワコールなどの繊維株が上昇。

 また、インスペック、いい生活、エムティーアイ、ガーラ、クリーク&リバといった急落した銘柄の物色が続いている。
スポンサーサイト



2006/08/01(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/102-15a0ed36
前のページ ホームに戻る  次のページ