FC2ブログ
8/3の株式市況
8/3の株式市況

 米国株高を好感し、ハイテク、好業績銘柄を中心に買いが先行した東京市場だったが、来週前半のFOMCを控えて商いは薄く、積極的に上値を追う動きは限定的となり、昨日の終値を挟んでの揉みありとなって、日経平均株価は6円高の1万5470円と小幅上昇。

 寄り付き前の外国証券注文動向は320万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で14億2817万株、売買代金は1兆8845億円。

 個別銘柄では、宮越商、NEOMAX、メルコ、東エレクといったハイテク、インボイス光通信、エックスネットなどの通信、藤和不、エスリード、ダイビルといった不動産、セガサミーHD、SMC、加藤製などの機械株が反発。

 また、急落した銘柄から、ネクストJPN、鉄人化、SDHD、ファーストエスコフレームWX、プラネックスといった銘柄がストップ高。
スポンサーサイト



2006/08/03(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/104-af99701e
前のページ ホームに戻る  次のページ