FC2ブログ
8/17の株式市況
8/17の株式市況

 米国株の上昇を受け主力株を中心に続伸で始まった東京市場、その後は上値の重さを嫌気した売りや戻り待ちの売りが優勢となり、日経平均株価は除々に値を下げ、終値は50円安の1万6020円と小幅続落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は3170万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で22億8946万株、売買代金は2兆6810億円。

 個別銘柄では、昨日新規上場したゴメスコンサルテイングが180万の初値をつけたが、かなり高騰した反動からすかさず売られ、引けは150万のストップ安。

 また、資源価格の先高感による収益圧迫の懸念が薄れたことから、新日鉄、住金、神戸鋼、山特鋼といった鉄鋼株が軒並み急伸。

 業績見通しの上方予想を好感しアルバックがストップ高比例配分。
スポンサーサイト



2006/08/17(Thu) | 株式市況 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/114-804278c8
続伸・続落
続伸・続落とは前日に引き続いて相場が上昇することを「続伸」といい、前日または前節に引き続いて相場が下がることを「続落」といいます。 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識【2006/08/24 10:46】
前のページ ホームに戻る  次のページ