FC2ブログ
8/21の株式市況
8/21の株式市況

寄り付きの東京市場は利益確定売りや戻り待ちの売りに押されて上値が重く、先週の終値を挟んで方向感のない展開となったが、後場先物主導の売りで下げ幅を広げ、引けは136円安の1万5969円と4日ぶりに1万6000円を下回って取引を終了。

寄り付き前の外国証券注文動向は390万株の売り越し。
東証1部の売買高は概算で165億813万株、売買代金は1兆8310億円。

個別銘柄では、新日鉄、住金、神戸鋼といった鉄鋼、三菱UFJ、三井住友、みずほなどの銀行、大和、日興、野村といった証券株、菱地所、ダイビル、住不販売などの不動産株が利益確定売りの押され値を下げた。

また、エネサーブ、ダイワ精、ダイワボウ、冶金工といった銘柄が物色され急騰。
スポンサーサイト



2006/08/22(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/116-686731a1
前のページ ホームに戻る  次のページ