FC2ブログ
9/6の株式市況
9/6の株式市況

 寄り付きの東京市場は短期的な加熱感や高値警戒感から売り先行で始まり、一時プラスに転じる場面もあったが、戻り一巡後は株価指数先物に大口売りが出たことで、裁定解消売りから下げ幅を広げ、引けは101円安の1万6284円と3日ぶり
 に反落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は520万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で19億845万株、売買代金は2兆2586億円。

 個別銘柄では、個人投資家の関心の高いソフトバンクやヤフーがクレディ・スイス証券が投資判断、目標株価を引き下げたことが嫌気され、大幅下落す。

 また、大手総合建設会社の受注シェアが上昇しているとの報道を材料に熊谷組、大林組、鹿島、西松建といった建設株が上昇。

 貸金業規制法の改正案で上限金利の上乗せを認める特例措置を材料にアイフル、アコム、武富士、プロミスといった消費者金融株が反発。
スポンサーサイト



2006/09/07(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/125-126b6d4b
前のページ ホームに戻る  次のページ