FC2ブログ
9/12の株式市況
9/12の株式市況

 買い手がかり材料難から東京市場は軟調な地合で始まり、日経平均株価は一時119円安まで下落、その後は売り一巡から切り返し、前日比88円高まで上昇するも買いは続かず、引けにかけては再び下げに転じて、75円安の1万5719円と続落して取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1950万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で18億7088万株、売買代金は2兆3001億円。

 個別銘柄では、東電、四国電、北海電といった電力、郵船、商船三井、明治海などの海運、井関農、大豊工業、日ピラーといった機械株の一角が物色されて上昇。

 また、ホクシン、シルバ精、東海観、堀田産、川崎化、ビルト工といった中低位株も引き続き物色され急伸。

 1:2の株式分割を発表したディックスK、1:5の株式分割を発表した
 健康コーポは株式分割を好感し大幅上昇。
スポンサーサイト



2006/09/12(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/129-3ae27937
前のページ ホームに戻る  次のページ