FC2ブログ
9/14の株式市況
9/14の株式市況

 米国株の上昇や朝方の外国証券経由の売買注文が買い越しに転じたことから、輸出関連銘柄の主力株を中心に幅広い銘柄が買われ、日経平均株価は一時244円高まで急伸、利益確定売りで押されるも下値を売る動きが限定的だったことから再び上げ幅を広げ、引けは192円高の1万5942円と大幅上昇。

 寄り付き前の外国証券注文動向は770万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で15億7776万株、売買代金は2兆1297億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したミクシイが公開価格155万円に対し315万円まで上値を切上げたものの売買は成立せず。

 また、アドヴァンテスト、キーエンス、東エレク、キヤノンといったハイテク、トヨタ、日産自、ホンダ、スズキなどの自動車、住友チタ、同和鉱、アサヒプリテクといった非鉄、UFJニコス、プロミス、アコム、アイフルなどの消費者金融、東電、関西電、北海電といった電力株が上昇。

 シキボウ、鬼怒ゴム、東理HD、IBダイワ、Dクリックといった中低位株が引き続き物色され急伸。
スポンサーサイト



2006/09/14(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/131-5c0ed5c3
前のページ ホームに戻る  次のページ