FC2ブログ
9/27の株式市況
9/27の株式市況

 米経済指標の改善で米景気の急減速懸念が後退して米ダウが最高値に迫る急伸を受け、寄り付きの東京市場はほぼ全面高の展開で始まり、その後も先物主導の買いで除々に上げ幅を広げて、引けは390円高の1万5947円とこの日の高値水準で取引を終了。

寄り付き前の外国証券注文動向は740万株の売り越し。
東証1部の出来高は概算で15億3943万株、売買代金は2兆525億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したフルヤ金属が公開価格10.000円に対し10.000円、高値は11.900円、引けは10.890円と穏当なスタート。

また、新日鉄、住金、神戸鋼といった鉄鋼、日立、東芝、三菱電などのハイテク、トヨタ、ホンダ、日産といった自動車、三菱UFJ、三井トラスト、三井住友などの銀行、野村、大和、日興Cといった証券、菱地所、住友不、東建物などの不動産が揃って反発。
スポンサーサイト



2006/09/27(Wed) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/139-c7b17bc0
前のページ ホームに戻る  次のページ