FC2ブログ
10/27の株式市況
10/27の株式市況

連日での史上最高値を更新している米国株の上昇を受け、日経平均株価も一時67円高まで上昇したが、一方で高値警戒感から上値を追う展開とはいたらず、国際優良株を中心に利益確定売りに押されて、後場は先物主導の売りでジリ安となり、引けは142円安の1万6669円と大幅安。

寄り付き前の外国証券動向は1300万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で17億9815万株、売買代金は2兆5300億円。

個別銘柄では、本日新規上場したファンドクリエーションが公開価格16万円に対し171.000円の初値、引けは213.000円と好発進。

また、大気社、住電設、積水ハウスといった建設、ホンダ、日産自、スズキなどの自動車、小糸製、富士電HD、ソニーといったハイテク、産車体、新明和、タチエスなどの輸送用機器、サカイオーベ、東レ、ホギメディカルといいった繊維株は上昇。

キャノン、リコー、アドヴァンテスト、三井不、菱地所、住友不、野村HD、日興CGといった銘柄が下げている。

急落した低位銘柄、直近上場銘柄のGCA、オーベン、夢の街、SEED、ビュー、ポラテクノが物色され、急伸。
スポンサーサイト



2006/10/27(Fri) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/157-58173d3b
前のページ ホームに戻る  次のページ