FC2ブログ
10/31の株式市況
10/31の株式市況

前日の急落の反動から自立反発狙いの買いや押し目買いも入り、小幅高で始まった東京市場だが、その後は上値の重さを嫌気した売りで37円安まで下落、後場は先物主導の上げで125円高まで急伸したものの、買い一巡後は伸び悩み引、けは47円高の1万6399円と小幅高。

寄り付き前の外国証券注文動向は620万株の売り越し。
東証1部の出来高は概算で16億3311万株、売買代金は2兆3889億円。

個別銘柄では、本日新規上場したネクストが公開価格22万円に対し298.000円の初値、高値は313.000円まで、引けは295.000円。

また、昨日下落した、住金、神戸鋼といった鉄鋼、三菱電、安川電、東芝テック、東京エレクトロンなどのハイテク、野村HD、岡三、丸三証といった証券、三井不、住友不、東建物などの不動産が反発。

トーメンエレク、ダイワボウ、日精蝋、中央電、ウエルシアが急騰。

直近上場銘柄のスターマイカ、GCA、M&A、アクロデイアが物色され、急伸。
スポンサーサイト



2006/10/31(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/159-a0584b24
前のページ ホームに戻る  次のページ