FC2ブログ
11/2の株式市況
11/2の株式市況

米国株安を嫌気し寄り付きの東京市場は売り先行の展開で始まった日経平均株価は、3連休を控え買いが手控えられ、一時166円安まで急落したが、好業績銘柄には押し目買いが入り、引けにかけては除々に下げ幅を縮めて、25円安の1万6350円と小幅続落。

寄り付き前の外国証券注文動向は1900万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で15億2606万株、売買代金は2兆2166億円。

個別銘柄では、本日新規上場したメンバーズが公開価格29万円に対し202.000円まで気配値を切り下げ引げたものの売買は成立せず。

また、業績の上方修正から昨日急伸したニチユ、アネスト岩田はじめ、タムラ、帝人、MRMAX、日テレ、スズキが上昇。

ゴールドマンが投資判断を三段階評価の真ん中から最上位の「買い」に
引き上げた綜合警備保障が大幅上昇す。


ネクスト、ネクステック、エイテイング、P&P、ランシステムといった直近上場銘柄、分割発表、低位銘柄が物色され急伸。
スポンサーサイト



2006/11/02(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/161-0ddf5788
前のページ ホームに戻る  次のページ