FC2ブログ
11/6の株式市況
11/6の株式市況

米国株が下落したことを嫌気し内需関連銘柄を中心に幅広い銘柄が売られ、日経平均株価は一時145円安まで下落したが、売り一巡後は国際優良株中心に押し目買いが入って除々に下げ幅を縮め、引けは14円安の1万6364円と小幅反発。

寄り付き前の外国証券注文動向は40万株の売り越し。
東証1部の出来高は概算で15億6224万株、売買代金は2兆1674億円。

個別銘柄では、キャノン、ホンダ、トヨタ、アドヴァンテスト、キーエンス、ファナックといった銘柄を始め、新日鉄、住金、神戸鋼などの鉄鋼、三井物産、住友商、三菱商といった商社、DOWA、東邦鉛、三井金などの非鉄、旭硝子、東海カ、日カーボンといったカラス土石株が上昇。

また、業績の上方修正を材料にコニカミノルタ、住生活G、千代建が大幅上昇。

エイジア、GCA、ターボナリック、オリコンといった直近上場銘柄、低位銘柄が物色され急伸。
スポンサーサイト



2006/11/06(Mon) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/162-b6fb85dc
前のページ ホームに戻る  次のページ