FC2ブログ
11/17の株式市況
11/17の株式市況

米国株高を好感を小高く始まった東京市場、国内景気への不透明感もあり、内需関連銘柄、ハイテク銘柄や中小小型株中心に売られて、日経平均株価は除々に下げ幅を広げ、引けは72円安の1万6091円と3日続落。

寄り付き前の外国証券注文動向は340万株の売り越し。
東証1部の出来高は概算で17億1543万株、売買代金は2兆2783億円。

個別銘柄では、本日新規上場した第一精工が公開価格3200円に対し初値は3200円と公開価格と同値、その後ジリ高となり引けは3860円と好発進。

また、業績の上方修正から太平工業、TAC、日本水産が急伸。
キリンがTOBで子会社化するとしたメルシャンがストップ高。
東京エレク、アドバンテストといった半導体銘柄も反発。

特殊電極、スパークス、ベルテクノ、ラパルレといった低位、直近上場銘柄が大幅上昇。
スポンサーサイト



2006/11/17(Fri) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/171-99054a92
前のページ ホームに戻る  次のページ