FC2ブログ
11/21の株式市況
11/21の株式市況

前日の急落の後ということもあり、寄り付きから自立反発狙いの買いで日経平均株価は91円高まで上昇したが、1万5800円超えたあたりから上値が重く積極的な買いが手控えられて除々に下げ幅を広げ、一時は前日比29円安まで下げたが、引けにかけてはやや値を戻し、8円高の1万5734円と5日ぶりに小幅反発。

寄り付き前の外国証券注文動向は500万株の売り越し。
東証1部の出来高は概算で16億4924万株、売買代金は2兆2958億円。

個別銘柄では、東京エレク、アドバンテスト、カシオといったハイテク、マース、ホソカワミクロ、ディスコなどの機械、飯野海、商船三井、川崎船といった海運、東電、中部電、関西電、東ガス、大ガス、邦ガスなどの電力・ガス、Uアローズ、コナカ、AOKIといった小売、オリックス、武富士、プロミスなどの消費者金融株が反発。

また、日本橋梁、佐伯建、Oak、東和メクス、東理HDといった超低位銘柄が物色され急騰。

ネクスト、アッカネットワーク、デジタルアーツ、スターマイカがストップ高。
スポンサーサイト



2006/11/21(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/173-ff00e311
前のページ ホームに戻る  次のページ