FC2ブログ
11/24の株式市況
11/24の株式市況

急激な円高進行や国内景気の不透明感を嫌気し、輸出関連銘柄を始め内需関連銘柄まで幅広い銘柄が売られ、日経平均株価は一時275円安まで急落、引けにかけてはやや値を戻したものの179円安の1万5734円と大幅下落し祝日前の上げを帳消しにした形で取引を終了。

寄り付き前の外国証券注文動向は510万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で14億5059万株、売買代金は2兆642億円。

個別銘柄では、キヤノン、シャープ、東京電波、東京エレク、アドバンテスト、トヨタ、ホンダ、スズキ、住金、神戸鋼、合同鉄、三菱UFJ、三井住友、三井トラスト、野村H、三菱UF証、アコム、プロミス、清水建、大林組といった銘柄が下落。

また、三井不、菱地所、住友不といった大手不動産の一角や投資判断の引き上げを材料にニトリ、セプテニ、第一三共が大幅上昇。

低位、急落銘柄のエリアリンク、イーネット、ケア21がストップ高。
スポンサーサイト



2006/11/25(Sat) | 株式市況 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/175-70979db4
三井住友
三井住友三井住友(みついすみとも)とは、三井グループ及び住友グループの両方に属する法人である。2001年4月三井住友銀行発足以後、その直属のグループ会社を中 あやねのblog【2007/01/27 05:58】
前のページ ホームに戻る  次のページ