FC2ブログ
11/28の株式市況
11/28の株式市況

米国株の急落を嫌気して主力株を中心に幅広い銘柄が売られ、日経平均株価は一時231円安まで下落したものの、下値支持線を割り込まなかったことで値ごろ感から内需関連銘柄を中心に押し目買いや買い戻しで除々に下げ幅を縮め、引けは30円安の1万5855円と小幅続落。

寄り付き前の外国証券注文動向は1490万株の売り越し。
東証1部の出来高は概算で17億558万株、売買代金は2兆2308億円。

個別銘柄では、本日新規上場したマガシークが公開価格65万円に対し809.000円の初値、高値842.000円まで、引けは746.000円と好発進。

また、ホンダ、トヨタ、キャノン、ソニー、NTT、伊藤忠、プロミス、アコムといった銘柄が下げる一方、新日鉄、住金、JFEといった鉄鋼、東邦鉛、住友チタニ、邦チタニウムなどの非鉄、三菱UFJ、三井住友、札幌北洋といった銀行、三井不、菱地所、住友不などの不動産株が上昇。

短期資金が第一パン、東都水、日ケミファ、イチネン、富山化、グッドウィルといった銘柄に入っており、株価が急伸。

ライフステージ、レカム、ドリームテク、クリーク&リバーの低位、急落銘柄がストップ高。
スポンサーサイト



2006/11/28(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/177-28ef6472
前のページ ホームに戻る  次のページ