FC2ブログ
11/30の株式市況
11/30の株式市況

米国株式相場が堅調だったことや米7―9月期のGDP改定値も市場予想を上回る上方修正となったため買い安心感が広がり、前日同様内需関連銘柄を中心に幅広い銘柄が買われて大幅上昇、後場に入り戻り待ちの売りや利益確定売りに押されたものの、14時に発表した10月の新設住宅着工戸数が市場予想を上回ったことから引けにかけては一段高となり、198円高の1万6274円とこの日の高値圏で取引を終了。

寄り付き前の外国証券注文動向は2430万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で18億635万株、売買代金は2兆5143億円。

個別銘柄では、本日新規上場したジュエイプロジェクトが公開価格15万円に対し274.000円の初値、引けは314.000円のストップ高で引けており好発進。

また、前日に続き新日鉄、JFEHD、大和工といった鉄鋼、三菱UFJ、三井トラスト、三井住友などの銀行、武富士、アコム、プロミスといった消費者金融、野村HD、日興CG、大和証Gなどの証券、などの小売株が大きく上昇。

低位、急落銘柄のエウェスト、セガトイズ、大崎エンジ、Dスケープ、シーエスアイがストップ高。
スポンサーサイト



2006/11/30(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/179-ad174b18
前のページ ホームに戻る  次のページ