FC2ブログ
3/31の株式市況
日経平均株価は高値警戒感やデフレ脱却期待から昨日の終り値を挟んでの値動き となり、総じて様子見姿勢も強く引けは14円高の1万7059円と小幅上昇。

内需関連銘柄、ハイテク銘柄も銘柄のよってまちまちの値動き。

寄り付き前の外国証券注文動向は1990万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で16億5610万株、売買代金は2兆4164億円。

個別銘柄では、ホクシン、東海染、蝶理、丸山製といった低位、仕手株が物色 される一方で、日立、東芝、三菱電といったハイテク株の一角やガス開、石油資源、日鉄鉱といいた資源株の一角も物色されている。

また、ナノ・メディア、テクノマセマティ、シコー技研、フライトシステム、 ストロベリー、まぐクリック、アドテックス、ジグノシステといいった銘柄が ストップ高、東洋炭素が本日も急騰。

スポンサーサイト



2006/03/31(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/21-6339172b
前のページ ホームに戻る  次のページ