FC2ブログ
3/28の株式市況
寄り付きの東京市場は配当落ちを受け、続落して始まり、日経平均株価は一時 186円安まで下落する場面もあったが、その後売り一巡後は押し目買いが優勢となり、配当落ちを埋めて日経平均株価は40円高の1万6690円と3日続伸。

 寄り付き前の外国証券注文動向は160万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で16億6062万株、売買代金は1兆9887億円。


 個別銘柄では、本日新規上場したアトリウムが公開価格8500円に対し9200円の初値、9580円まで上昇する場面も。引けは8910円。

 また、MISAWA、日ビルド、エスバイエルといった建設、東邦テナック、帝繊維、セーレンといった繊維、東京鉄、大特鋼、冶金工などの鉄鋼、東洋機械、 オ-エム製、SMCといった機械、アサヒプリテク、住友チタニ、住友鉱などの非鉄株が上昇。

 レデイ薬局が本日も短期資金を巻きこんでストップ高。
スポンサーサイト



2006/03/28(Tue) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/23-9d086bf5
前のページ ホームに戻る  次のページ