FC2ブログ
3/10の株式市況
寄り付きの東京市場は前日の急騰後だけにハイテク中心に利益確定売りから 下げる場面もあったが、SQを波乱なく通過したことで買い安心感が広がり、 日経平均株価は一時227円高まで上昇する場面も。

その後は1月の 機械受注統計予想を下回ったことから上げ幅を縮め、引けは78円高の1万6115円と上昇し取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は950万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で24億4043万株、売買代金は3兆7203億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したアイ・ティー・シーが公開価格37万円に対し37万円の初値、引けは375.00円となっている。

 また、業績の上方修正を発表を好感してバルスがストップ高、 メリルリンチが投資判断を引き上げた住生活Gが急伸。

 三菱UFJ、三井トラストといいた大手始め池田銀、スルガ銀といった地銀株
 も堅調な値動き。
スポンサーサイト



2006/03/10(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/33-b4af3dfd
前のページ ホームに戻る  次のページ