FC2ブログ
5/9の株式市況
5/9の株式市況
 日経平均株価は昨日の急騰の反動や為替の円高進行に対する警戒感もあり、昨日の終値を挟んでの値動き。後場から引けにかけては10日の
 米FOMCを前に手控えムードが広がり、ハイテク、内需関連銘柄が総じて売られ、日経平均株価は100円安の1万7190円と大幅反落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は710万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で19億5148万株、売買代金は2兆6106億円。

 個別銘柄では、セイコーが2007年3月期の連結経常利益見通しが増益だったことを材料にストップ高比例配分。
 また、ドンキホーテが1:3の株式分割と増配発表を好感し、大幅上昇。
 菱和ライフが昨日に続きストップ安比例配分となっており、本日で2日連続ストップ安。
スポンサーサイト



2006/05/09(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/42-99bee72f
前のページ ホームに戻る  次のページ