FC2ブログ
5/12の株式市況
5/12の株式市況
 米国株安、為替が1ドル109円台に円高が進んだことを嫌気し、東京市場は大幅な売り先行の展開で始まり日経平均株価は一時439円安まで急落。

 引けにかかては買い戻しも入り、下げ幅を縮めたものの、日経平均株価は260円安の1万6601円で取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1820万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で19億8669万株、売買代金は3兆378億円。

 個別銘柄では、キリンビールがTOBで完全子会社化を発表したキリンビバレッジと本体のキリンが急騰。
 また、キャノンが株式分割と増配を好感し上昇。
 レオパレス21、ジョイント、東急リバブルといった不動産の一角、クオールラクーン、アルコニックなどの直近上場銘柄が物色され急伸。
スポンサーサイト



2006/05/12(Fri) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/44-70161749
前のページ ホームに戻る  次のページ