FC2ブログ
5/11の株式市況
5/11の株式市況
 為替の円高の流れが一服したのを好感し、寄り付きの東京市場は買い先行の展開で始まり、日経平均株価は135円高まで上昇する場面も。

 しかし、円高進行に対する警戒感もあり、上値を追う展開とはいたらず、日経平均株価はジリ安となり、引けは89円安の1万6862円と続落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は380万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で17億4698万株、売買代金は2兆6441億円。

 個別銘柄では、増配と株式の2分割を発表した一高たかはしがストップ高、ソフトブレンの連結子会社との資本・業務提携を発表したことを材料にぱどがストップ高比例配分、今期の大幅な経常利益増を発表したイビデンが大幅上昇。

 アルプス電気が今期の大幅減益見通しを嫌気しストップ安。

 千葉銀、横浜銀、常陽銀といった地銀株の一角が物色されている。
スポンサーサイト



2006/05/11(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/45-985f3b72
前のページ ホームに戻る  次のページ