FC2ブログ
5/15の株式市況
5/15の株式市況
 米国株の大幅下落を受け寄り付きの東京市場は売り優勢の展開で始まり、日経平均株価は284円安まで一時急落し、売り一巡後は自律反発期待からの押し目買いも入って日経平均株価は下げ渋り、引けは114円安の1万6486円とこの日の高値で取引終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1470万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で18億2492万株、売買代金は2兆8301億円。

 個別銘柄では、ロックフィール、グリコ、日清食、アサヒ飲料といった食品、第一三共、久光薬、沢井製薬、武田などの医薬、東電、中国電、北陸電、北海電といった電力株が上昇。

 また、モンテカルロ、出版貿、ソレキアといったMM銘柄に目先値幅とりに短期資金が集中して入り急騰している。
スポンサーサイト



2006/05/15(Mon) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/46-0ed1e812
前のページ ホームに戻る  次のページ