FC2ブログ
5/17の株式市況
5/17の株式市況
 寄り付きの東京市場は自律反発の買いで上昇たが、買い一巡後は伸び悩み下落する場面もあり、日経平均株価は昨日の終り値を挟んでの値動きとなった。

 しかし、日経平均株価が1万6000円を割り込まなかったことから買い安心感が広がり、空売りの買戻しも入って幅広い銘柄が物色され、日経平均株価はジリ高となって、引けは149円高の1万6307円と大幅反発して取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1520万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で23億25万株、売買代金は3兆1165億円。

 個別銘柄では、新日鉄、住金、神戸鋼といった鉄鋼、三井金、東邦鉛、住友鉱などの非鉄、三菱電、安川電、TDKなどのハイテク、ニコン、トプコン、HOYAといった精密株が反発。

 また、エイズウイルスを死滅させる実験に成功したと発表タカラバイオが連日のストップ高。
スポンサーサイト



2006/05/17(Wed) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/48-674e0a33
前のページ ホームに戻る  次のページ