FC2ブログ
5/18の株式市況
5/18の株式市況
 インフレ懸念から米国株が今年最大の下げ幅となったことを嫌気し、寄り付きの東京市場は全面安の展開。日経平均株価は一時393円安となり1万6000円を割り込んだが、引けにかけては下げ渋り、220円安の1万6087円で取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1400万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で20億2488万株、売買代金は3兆953億円。

 個別銘柄では、決算発表の延期から株価が急落していたレオパレ、URBAN、ゴールドクレ、ジョイントといった不動産株の一角が逆行高。

 また、KDDI、NTTドコモ、トレント、テクモ゛、C4Tといった通信株が堅調。

ダルトン、ジョイス、細田工、田中亜鉛といったMM銘柄が値を飛ばしている。
スポンサーサイト



2006/05/18(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/49-383f4749
前のページ ホームに戻る  次のページ