FC2ブログ
5/23の株式市況
5/23の株式市況
 米国株の下落や世界的な株安傾向の下落、寄り付き前の外国証券経由の売買注文が大幅な売り越しだったことから、寄り付きの東京市場は売り先行の展開で始まり、前場中頃には275円安まで下落。その後先物への買い戻しで下げ渋る場面もあったが、上値も重くまた下値不安も強く、引けにかけて下げ幅を拡大し、日経平均株価は258円安の1万5599円と大幅反落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は3610万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で20億6111万株、売買代金は2兆9034億円。

 個別銘柄では、フュトレックがNTTドコモと資本・業務提携すると発表したことを好感し、ストップ高。

 また、デフェンシブ銘柄としてキッセイ薬、持田薬、エーザイ、第一三共などの医薬品が物色され逆行高。
 すみや、ニッポ電機、エスイー、報国鉄、出版貿といった低位、直近上場銘柄、MM銘柄も物色され急伸。
スポンサーサイト



2006/05/23(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/52-f4c07561
前のページ ホームに戻る  次のページ