FC2ブログ
6/6の株式市況
6/6の株式市況
 米国で利上げ継続観測が広がり大幅安となったことを受け、寄り付きの東京市場も主力株を中心に内需関連銘柄、昨日大幅反発した銘柄に売りが先行しまたアジア株も下落したことで、世界同時株安懸念が再燃し、日経平均株価は一時327円まで急落、その後下げ渋ったものの反発力も鈍く、引けは283円安の1万5384円と大幅反落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は870万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で15億4154万株、売買代金は2兆741億円。

 個別銘柄では、昨日新規上場した夢の街創造が130万円の初値をつけた後140万円まで急伸するも、110万円のストップ安。

 また、ソフトブレーン、USシステムズ、日本通信といった急落していた銘柄が自立反発狙いの買いからストップ高。

 業績の上方修正を好感し、アルチザが買い気配のまま取引を終了。
スポンサーサイト



2006/06/06(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/62-75040dfc
前のページ ホームに戻る  次のページ