FC2ブログ
6/8の株式市況
6/8の株式市況
 米国株、アジア株が急落したことで世界的な景気減速懸念やマネーの収縮懸念を背景に、寄り付きの東京市場はほぼ前面安の展開。
 株価下落に伴い追証発生に伴う換金売りも出て、値下がり銘柄数は過去最高となり、日経平均株価も一時599円安まで急落する場面もあったが引けは若干戻し462円安の1万4633円と今年3番目の大幅な下げとなった。

 寄り付き前の外国証券注文動向は1560万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で26億5245万株、売買代金は3兆4300億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したフィスコが公開価格135.000円に対271.000円の初値、引けは311.000円のストップ高。

 また、フィスコの筆頭株主でもあるインデックスも堅調な足取り。
 エイズウイルスを死滅させる実験に成功したとの材料を蒸し返し、タカラバイオが逆行高。
スポンサーサイト



2006/06/08(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/64-c222bb37
前のページ ホームに戻る  次のページ