FC2ブログ
6/13の株式市況
6/13の株式市況

 米国株の下落や寄り付き前の外国証券の売買注文が14日連続の売り越しだったことを嫌気し、寄り付きの東京市場は売り優勢の展開で始まり、主力株には見切り売りが出て、日経平均株価は後場から引けにかけては一段安となり株価も今年最大の下げとなる614円安。

 寄り付き前の外国証券注文動向は2980万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で19億6657万株、売買代金は2兆3665億円。

 個別銘柄では、昨日新規上場した値がつかなかったラアトレが65万の初値をつけた後は69万円まで上昇する場面があったものの、利益確定売りから一時ストップ安、引けは58万円。

 また、ほぼ全業種が下げているが、川島織セル、クボテック、シンプレクス、トリドール、レカム、ドリームテクノといった銘柄が自立反発狙いの買いを集め、逆行高。
スポンサーサイト



2006/06/13(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/67-ed3049b5
前のページ ホームに戻る  次のページ