FC2ブログ
6/15の株式市況
6/15の株式市況

米国株が反発したことから米国発の株安連鎖に対する懸念がひとまず後退したことを受け、寄り付きの東京市場は主力株を中心に軒並み上昇して始まり、値上がり業種もほぼ全業種にわたって軒並み反発し、日経平均株価は284円まで急伸、引けは161円高の1万4470円と大幅上昇し取引
を終了。

寄り付き前の外国証券注文動向は140万株の買い越し。
東証1部の出来高は概算で17億3233万株、売買代金は2兆3617億円。

個別銘柄では、本日新規上場したフリーワークが公開価格40万円に対し94万円の初値をつけた後は利益確定売りからストップ安。

また、下げのきついアドヴァンテスト、京セラ、村田製作所といったハイテク、トヨタ、ホンダといった自動車、三井金、東邦鉛、住友鉱といった非鉄、三菱UFJ、 三井住友、スルガ銀などの銀行、野村、日興、丸三といった証券株が物色され急伸。
スポンサーサイト



2006/06/15(Thu) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/69-ef292027
前のページ ホームに戻る  次のページ