FC2ブログ
6/16の株式市況
6/16の株式市況

 米国株が大幅反発したことを受け東京市場は寄り付きかたほぼ前面高の展開。

 売り方の買い戻しも入って株価はジリ高となり、日経平均株価は4日ぶりに1万4800円台をあっさりクリア、日経平均株価は一時1万5000円台に接近したが、週末ということもあり利益確定売りから伸び悩んだものの、引けは408円高の1万4879円と今年2番目の上げ幅となって取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は2160万株の買い越し。
 東証1部の出来高は概算で21億1986万株、売買代金は2兆7121億円。

 個別銘柄では、日立、東芝、三菱電といったハイテク、合同鉄、JFEHD、大和工といった鉄鋼、日ビルド、大和ハウス、積水ハウスなどの建設、三菱UFJ、三井トラスト、三井住友といった銀行、野村、日興、三菱UF証などの証券株が軒並み昨日に続き急騰。

 また、本日新規上場した日本レップが公開価格68円に対し102万円の初値、その後ストップ高まで急伸したが、引けは113万円と好発進。
スポンサーサイト



2006/06/16(Fri) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/70-c9f7a4b5
前のページ ホームに戻る  次のページ