FC2ブログ
6/23の株式市況
6/23の株式市況

 米国株、アジア株の反落から売り先行の展開で始まった東京市場は昨日急伸した主力銘柄を中心に利益確定売りに押され、日経平均株価は一時270円安まで下落、その後相場への期待感から銀行、不動産の内需関連銘柄を中心に買い戻されて急速に下げ幅を縮め、引けは11円安の1万5124円と小幅安。

 寄り付き前の外国証券注文動向は490万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で15億5209万株、売買代金は2兆1043億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したエヌシシーが公開価格57.000円に対66.000円の初値、引けは76.900円、またアミタが公開価格7.000円に対し7.510円の初値、引けは6900円と明暗が分かれた。

 また、イチケン、鋳鉄管、ハルテックといった低位銘柄、HUMAN21、YOZAN、オープンルーフが急騰。

 また、菱地所、ダイビル、クリードなどの不動産株も切り返し上昇。
スポンサーサイト



2006/06/24(Sat) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/75-b3bc5b6e
前のページ ホームに戻る  次のページ