FC2ブログ
6/26の株式市況
6/26の株式市況

 米国株の下落を嫌気し寄り付きの東京市場は売り優勢の展開となり、日経平均株価は一時1万5000円を割り込む場面もあったが、後場は銀行、鉄鋼、ハイテク株に買いが入ってジリ高となり、一時1万5200円に乗せたが、戻り待ちの売り圧力も強く、引けは28円高の1万5152円の小幅上昇で取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は340万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で15億89万株、売買代金は1兆8814億円。

 個別銘柄では、本日新規上場したセキュアヴェルが公開価格17万円に対し232.000円の初値、高値は265.000円まで、引けは215.000円。

 また、三菱UFJ、三井住友、みずほといった大手銀行株、新日鉄、住 金、日新鋼などの鉄鋼株、菱地所、住友不立、飛企といった不動産、東 芝富士電、安川電などのハイテク株が切り返して上昇。

 短期資金が日東網、世紀東、シルバ精といった低位株に向かって株価は急伸。
スポンサーサイト



2006/06/26(Mon) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/76-9f19bd89
前のページ ホームに戻る  次のページ