FC2ブログ
7/6の株式市況
7/6の株式市況

 米国株式の下落や6月の米雇用統計や日米金融政策を見極めたいとの思いから、主力株中心に幅広い銘柄が売られ、日経平均株価はジリ安となり、一時245円まで下落する場面もあったが、相場全般模様眺め気分が強く戻りも限定的となり、引けは202円安の1万5321円と1万5500円を割り込んで取引を終了。

 寄り付き前の外国証券注文動向は800万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で15億1871万株、売買代金は2兆435億円。

 個別銘柄では、昨日新規上場したサイーバーステップが95万円の初値、その後ストップ高をつけたが、引けは99万円となり好発進。

 また、同様に昨日新規上場したライフステージが本日も物色され、ストップ高。

 貸金業の上限金利の引き下げを背景に武富士、オリックスク、レセゾン、OMCカードといった消費者金融株が軒並み急落。
スポンサーサイト



2006/07/07(Fri) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/84-71c2db80
前のページ ホームに戻る  次のページ