FC2ブログ
7/12の株式市況
7/12の株式市況

 インドでの同時テロでアジア地域を中心とする地政学リスクが意識されて売りが広がり、幅広い銘柄が売られて、日経平均株価は一時300円を超え、引けは若干戻したものの上値は重く、224円安の1万5249円と大幅下落。

 寄り付き前の外国証券注文動向は960万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で16億6543万株、売買代金は2兆2919億円。

 個別銘柄では、新日石、東ゼネ、石油資源、国際帝石といった資源株、日水、マルハ、極洋などの水産株、新日鉄、住金、神戸鋼といった大手鉄鋼株、日ケミファ、第一三共、アステラス薬などの医薬品株の一部が上昇。

 また、昨日大幅反発した反動からアイフル、武富士、プロミスといった消費者金融株が軒並み利益確定売りから大幅反落。
スポンサーサイト



2006/07/12(Wed) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/88-5a67a4ca
前のページ ホームに戻る  次のページ