FC2ブログ
7/25の株式市況
7/25の株式市況

 米国株の急反発を受け、寄り付きの東京市場は主力株を中心に幅広い銘柄が物色されて、日経平均株価は一時283円高まで急伸、その後は本格化する企業決算発表を控えてやや伸び悩んだものの、引けは210円高の1万5005円と7月13日以来となる1万5000円を回復。

 寄り付き前の外国証券注文動向は860万株の売り越し。
 東証1部の出来高は概算で14億3187万株、売買代金は1兆8546億円。

 個別銘柄では、アドヴァンテスト、東京エレクトロン、京セラといった半導体、トヨタ、ホンダ、スズキなどの自動車、新日鉄、住金、神戸鋼といった鉄鋼、住友鉱、同和鉱、住友電などの非鉄、三井トラスト、札幌北洋、もみじHDといった銀行、野村、三菱UF、日興などの証券株が反発。

 また、さくら、チップワン、綜合臨床、I-CFといった銘柄がストップ高。
スポンサーサイト



2006/07/25(Tue) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/96-4f0509ea
前のページ ホームに戻る  次のページ