FC2ブログ
IRの良さを感じた企業
何か月か前に、「株式会社ネクサス」という会社の株主優待(内容は、3000円のネットショッピング)が送られてきて、そのままにしてあったのだが、先日ふと思い出して、使おうとしたら、ログインIDとパスワードはわかったものの、郵送された封筒をなくしてしまい、肝心な株主番号がわからない。

それで、会社のホームページからメールをした(だいたい、公式サイトにメールアドレスを記載していない企業がほとんどだが。とくに大企業)ところ、翌日すぐに広報担当の女性名で返信があり、「株主番号を郵送します」とのこと。

そうしたら、すぐその翌日に届いた。
私の長い投資歴の中で見てきた多くの企業で、ここまで、迅速、丁寧に対応してくれたところは極めて少ない。

このようなことは、「たまたまサービスがよかっただけ」ではない。
たった3000円の株主優待に対して、ここまでするというのは、その企業に流れる共通の思想、姿勢の一つの断面が現われたとみることができよう。

その逆もある。
ちょっとした不誠実、不親切は、その会社全体の姿勢を象徴していることが多いものである。

この会社は、きっと伸びる。
サイトを見ると、まだ洗練されているようには思えないが、荒削りながら会社全体の伸びようとするパワーを感じる。
成長が楽しみだ。
スポンサーサイト



2006/07/26(Wed) | 株式市況 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stockgain.blog55.fc2.com/tb.php/98-1617d6f2
前のページ ホームに戻る  次のページ